• top
  • PROFILE
  • BLOG
  • SCHEDULE
  • NAKAZAWASC
  • ゆかいなコーチたち
  • 子どもたちに夢をプロジェクト
  • MEMBER
  • 東日本大震災について
  • BOMBER22.COM義援金
  • 「みんなに笑顔を」プロジェクト

第15回『BOMBER22“みんなに笑顔を”プロジェクト』

16回目の活動は、宮城県宮城郡七ヶ浜町。

「みんなに笑顔を」プロジェクトでは、2014年から2年間(2回)にわたり、震災 被害で農業を続けられなくなった農地「なならぼ農園」(約4,000平方メートル) の復興を支援する活動として、瓦礫撤去から、草除りなどの整地作業を行いました。

同農園は町民の皆さんにとって作物を供給するだけでなく皆さんが交流する憩いの場(コミュニティ)としての役割も大きく期待されています。一日も早く農園を復興させ、他の荒廃地再興のモデルケース(成功事例)となるように、現在も「なならぼ」さんは活動を続けていますが、時間の経過とともにボランティア参加者の人数が減少しています。
この広大な農地の復興にはまだまだ時間がかかりそうです。

line

今回、「なならぼ農園」では3回目の活動になります。今年もオリエントコーポレーションのボランティアスタッフの皆さんと共に整地作業(草取り、草刈、雑草片付、農耕、畝づくり、種まきなど)を行ってきました。
中澤選手は前日のベガルタ仙台戦、午前中に東松島市で行われた横浜F・マリノスのサッカー教室に参加後。すぐに七ヶ浜町へ移動。リーグ戦、天皇杯、ルヴァンカップと連戦中でしたが、「必要としてくれる人がいるのであれば喜んで行きます!!」との強い意気込みで参加してくれました。

少しずつ畑が広がり、収穫できる野菜が増えてきました。

今年は大根の種をまいてきました。

収穫できた野菜などの一部をお土産で頂いてきました。

農園には、中澤選手のサインと集合写真を飾ってくれています。

line

<地元小学生とのサッカー交流>
今回は、七ヶ浜町にある「アクアゆめクラブ」のサッカークラブの子どもたちと交流してきました。
はじめは緊張気味の子どもたちでしたが、中澤選手とフィールドを走りまわり言葉を交わすことで緊張が笑顔にかわり、鬼ごっこやミニゲームで会場は熱気に包まれ、楽しい時間を過ごせたようです。中澤選手も子どもたちの真剣なプレーと気持ちに笑顔で応え、交流を喜び楽しんでいました。

今回の鬼ごっこは「氷鬼」。笑顔で逃げる子どもたち。

中澤選手に負けないように、子どもたちも一生懸命にプレーしていました。

NAKAZAWA SCのコーチたちによるリフティングパフォーマンスショー

最後に、中澤選手から「また七ヶ浜に来ると思うので、次に会うときまで、たくさん練習してもっとうまくなってください!サッカーの練習だけじゃなく学校の勉強や宿題もしっかりとやるんだぞ!!」と子どもたちへ熱いメッセージが贈られました。。

本プロジェクトにご協力いただいているオリエントコーポレーション様からは “オリジナル・ミネラルウォーター“を、プーマ様からは”ミニボール“をご提供いただき、中澤選手から、子供たちひとりひとりへ握手とともに贈らせていただきました。

本プロジェクトにご協力、ご賛同いただいた皆様、ありがとうございました。

  • オリコ
  • プーマ
footer